ムダ毛ケア ローション 効果

豆乳ローションを自分で作りムダ毛ケア

安価で簡単に誰でもできる「ローション・クリーム」抑毛効果はどうなの?

 

 

 

クリーム・ローションによるムダ毛ケアの特徴

 

クリーム・ローションのムダ毛ケアの場合は、ムダ毛の成長を抑える効果がありますが、基本的に脱毛するというわけではありません。ムダ毛の発毛を遅らせたり、生えにくくしたり、薄くするなどの効果があります。

 

 

その成分は、主に自然食品から抽出される大豆など植物由来のイソフラボンを主な原料としています。
大豆以外に、アカツメクサ花エキス、アイリスエキス、ペルベチアカナリクラタエキス、ヒオウギエキス、プエラリアミリフィカ根エキスなどもイソフラボンを多く含んでおり、原材料として使われていることがあります。

 

 

大豆由来の製品で効果が上がらなかった場合には、これらの成分を配合している商品に変えてみるのも良いでしょう。

 

 

そのほかに、豚肉の料理を食べますと、パイナップルがついていることが多いですね。

 

これは、パイナップルに含まれるブロメライン酵素や、パパイヤに含まれるパパイン酵素にはタンパク質を分解する働きがあり、ムダ毛を柔らかくする効果があると考えられているからです。

 

 

中には、抑毛効果を高めるために、化学製品や洗剤などに使用されています、合成界面活性剤を使用している抑毛剤がありますが、特に石油系の合成界面活性剤を使用している抑毛剤は、肌の弱い方や、乾燥肌の方は使用しないほうがいいでしょう。

 

 

クリーム・ローションによるムダ毛ケアは肌へのダメージなく、ムダ毛を薄くするというとてもムダ毛処理には理想的なものに聞こえますが、「本当に効くの?」と疑ってしまう人もいるかも知れません。

 

 

クリーム・ローションによるムダ毛ケアのメリット

 

●1・ほかの脱毛方法と比較して、発売されている抑毛ローションの多くは、大豆を原料に作られていますから、抑毛以外にも保湿効果もあり、気軽に始めることができます。また、肌に優しい成分でできているので敏感肌の人でも安心して使うことができます。

 

 

顔やVIOラインといったデリケートゾーンに塗っても安全です。 ただ、使用成分によっては、はだに悪影響を与える場合がありますので、パッチテストは必ず行いましょう。

 

 

●2・使用方法は、ほかのボディクリームなどと一緒に、肌に浸透させるだけですから、、処理に時間がかからず、痛みもありません。

 

 

●3・抑毛ローションやクリームを使い続けていますと、効果はなかなか出てきませんが、確実に抑毛効果が表れていますので、ほかの脱毛処理をする場合でも、処理をする際の頻度も低く抑えることができます。 

 

 

●4・ムダ毛処理は、どのような処理方法の場合でも、刃物や熱処理など肌に負担をかけたり、乾燥肌のもとを作ってしまいます。脱毛サロンなどでは、生理中や体調の悪い時、妊娠中などは処理を断られるところが多いですが、肌に優しく負担のない抑毛ローションは、こういった時にも継続して使用できます。

 

 

●5・抑毛クリーム・ローションを、毎日使用していますと、その成分の大豆イソフラボンは女性ホルモンの働きをしますので、発毛を抑制して、大豆イソフラボンには、肌の弾力を保つコラーゲンを増やしてハリを保ったり、肌の生まれ変わりを促進するといった美肌効果もあります。

 

 

クリーム・ローションによるムダ毛ケアのデメリット

 

1・抑毛効果が表れるのが遅い

 

クリーム・ローションによるムダ毛ケアの場合は、その性質上、すぐに面日見える効果が表れるわけではありませんから、すぐに、抑毛や脱毛をしたい方には向いていません。効果が表れるまでの時間は人それぞれですが、早い人でも2週間、多くの人は2〜3カ月以上使い続けて、やっと効果を実感しています。それまでの期間は、他の方法と併用した方が良いでしょう。

 

 

2・脱毛効果ではなくて抑毛効果です

 

つまりムダ毛の発毛を遅らせたり、成長を止めるという効果しかありません。効果が出てきたとしても、毛が完全に生えないわけではありません。腕や足、背中などの産毛は使い続けることで、どんどん目立たなくなり、最終的に他の処理をせずとも、気にならなくなる場合もあります。

 

3・レーザー脱毛のように永久脱毛ではありません  

 

継続的に使用しなければ効果は出てきません。しかし、安いものもありますので、継続的に使用してもそんなに負担にはならないかもしれません。 

 

4・化粧品や薬などでも同じものを使用しても、効果がある人とない人がある  

 

抑毛クリーム・ローションでも、何カ月使用しても効果が実感できないという人もいます。せっかくローションを購入したのに何の効果もなければ、費用が丸々無駄になってしまいます。

 

 

抑毛クリーム・ローションの選び方

 

デメリットのところでもお話ししましたが、効果があるかないかは使用してみなければ、わからないということになりますので、効果のないものを購入した場合は、無駄な買い物になってしまいます。

 

 

●1・自分にマッチした効果のあるものを選ぶには、販売実績や口コミも大きな判断材料になります。販売実績を見る時に重視してほしいのは、販売個数よりも販売年数です。販売年数が長く続いているということは、製品が良いから長く続いているということです。

 

 

たまに、タレントなどを媒体として○○さんも使用しています。あるいは、楽天販売ランキング1位などというPRがしてある商品は、意外と効果がないという話も聞いています。

 

 

●2・口コミを参考にすることも、とてもいいことですが、それが友人なら信用できるでしょうが、製品の公式サイトや販売サイトの口コミだけでなく、外部サイト(化粧品・美容の総合サイトや個人のブログなど)の口コミも読むようにしてください。

 

製品の公式サイトや販売サイトには、都合の良い口コミしか掲載されていない場合が多々あります。実際に、自分で購入して使用してみた結果のブログなどの評価は、信用ができると思います。

 

 

●3・抑毛クリーム・ローションは、とにかく使用してみなければ、効果がわからないということから、購入するにはとても心配なところがあります。

 

 

このような、消費者のために返金保証制度というものを掲げているメーカーもあります。何度か使用して肌に合わなかった場合や、使用しても効果がなかった場合に、使用済みでも返金してくれる制度のことです。

 

 

普段から肌が弱いという自覚のある人や、少し試して様子を見てみたい人は、返金保証制度のあるものを選ぶと良いでしょう。

 

 

●4・抑毛クリーム・ローションの価格

 

抑毛クリーム・ローションの価格はピンからキリまであります。安価なものは1000円から高いもので10000円くらいのものまであります。一般によく使われているのは、2000〜3000円くらいのものです。

 

 

どの製品が肌に合うかは人それぞれですし、高価だから必ず高い効果があるという保証もありません。また、あまり高いものですと、継続的に使用しなければなりませんから、続けることができなくなる場合がありますので、ご自分の経済状況に合わせて、選ぶことも大切です。

 

 

チオグリコール酸カルシウムの副作用

 

脱毛クリーム、または除毛クリームとも言いますが、主な成分には毛を溶かす作用のある「チオグリコール酸カルシウム」というおもに毛を溶かすアルカリ性の成分が配合されています。効果の高い除毛クリームは「チオグリコール酸カルシウム」がたくさん配合されているために、肌へのダメージが大きくなる場合があります。

 

 

1.豆乳ローションを使ってみて、効果ありましたか??

 

2.腕や足など、肌を出す部分に使ってみて、前より色が黒くなったとか、日焼けしやすくなったということはないですか??

 

3.市販のもので、ムダ毛を薄くするものがあるかと思うんですが、それと比較してどういいですか??
(効果、即効性、コスト、低刺激 等々…)

 

4.ちょとお恥ずかしいですが、これから夏で、水着を着る機会があると思うので、ビキニラインにも使ってみたいと思うのですが、効果あるんでしょうか??

 

 

まだ間もないので色が白くなったとか黒くなったとかはわかりませんが、ムダ毛の生えるのが遅くなったように思います。

 

ローションは冷蔵庫に保存しますので、寒かったり、面倒くさかったりして、最近はさぼっています。

 

脱毛後に毎日していると、している間は確かに生えるのが遅いです。生えてきた毛も薄い気がします。

 

休むと普通に生えてきました。

 

雑誌で見たかぎりではビキニラインはもちろん、鼻毛、顔のウブゲ、眉毛にもいいみたいです。

 

安く上がるのは間違いありません。

 

作るときは防腐剤としてホウ酸を入れることをお勧めします。

 

 

俺は今高2の男なんですが、ひげを伸ばしっぱなしにするとけっこう伸びるんですが、剃ってから豆乳ローションつけると伸びにくくなります。

 

男のひげでこの効果ですから絶対効果ありますよ!

 

効果ありましたよ。

 

肌に合わなかったり、効果がなかったらせっかく買い揃えたものが無駄になってしまうので、オークションで少量のものを手に入れて、様子をみていました。

 

結局、ローションをつけた翌日から効果がありの嬉しい結果でした。

 

今は、手作りして毎日使っています。

 

腕は見せても恥ずかしくないくらい・・・になりました。参考URLで、「豆乳ローション」で検索すればヒットすると思います。

 

 

3に関してですが、クリームタイプのものを使っていましたが、豆乳ローションほどの即効性が感じられませんでしたヨ。モノにもよると思いますが参考にして下さい。

 

 

はじめまして。私は豆乳ローションを作って、現在も使用中です。

 

おもに、脇・頬・口の周りなどの無駄毛を中心に使用して、使い終わったコットンを手足になすりつける程度です。

 

1. 効果は思ったよりありました。
2. 日焼けや黒ずみは無いです。
3. もともとめんどくさがりやなので、脱毛テープ以外は使用したことがありません。比較できないです。
4. ビキニラインにも時々使いますが、効果は他の場所より遅いです。でも、毛の太さが顔や手足より太いので、効果を実感するまでには多少時間がかかるのではないかと、気長に考えてます。

 

 

豆乳ローション作り方

 

作り方はNo2の方とほぼ同じで、ホウ酸を入れない作り方です。

 

 

材料にあるレモンの絞り汁ですが、レモンは皮にシミになる成分が含まれており、果汁の方にはその成分が無いので、絞る時は皮は絶対に入れてはいけません。

 

あと、乾燥肌であれば、消毒用エタノールを50ml位にしてもよいです。

 

使用時にコットンを使っているのでしたら、あまり肌をこすらないようにした方がよいと思います。かえって肌を痛めたり荒らしたりするので。

 

安く上がる分、タップリ使います。

 

 

とくに脇やビキニラインなど効果に時間がかかりそうな場所は、コットンにタップリ含ませて5分くらい肌に貼り付けてパックのような感覚で使っています。

 

 

また、私はこの豆乳ローションの作り方を、CAZという女性誌でみつけて実行しています。そこに書いてあった事なのですが、突然抜けるのではなく、毛が徐々に細くなり抜けやすくなる、といった感じで効果があらわれるということです。

 

 

そして、ローションを使用する前に脱毛もしくは剃ってから使用すると効果が上がりやすいそうです。

 

 

私は初めてローションを使う時に、手足・顔・ビキニラインを剃り、脇を脱毛してからつけはじめました。

 

 

その後は、無駄毛が目立つくらいにはえてきた時だけ、脱毛したり剃ったりしています。

 

 

肌が弱い方なので、コットンで押さえるといった感じでつけています。毛が生えてくるサイクルも遅くなったように思います。

 

 

ヒタヒタな感じで多めに付けるといいのではないでしょうか。
この季節、エタノールやホウ酸を入れても、冷蔵庫保存しないと、ローションがすぐ臭くなるので、作って粗熱を取った後や使用後は必ず冷蔵庫に入れた方がいいと思います。

 

豆乳ローション材料


・無調整豆乳500ml(大豆固形成分10%以上のもの)
・レモン果汁 中2個分(約100ml)
・消毒用アルコール60ml 薬局で500mlが千円位
・ホウ酸2g(3g×10包入りで150円位)

 


1.レモンをよく洗って果汁を絞る。皮の成分が入るとよくないそうなのでティッシュをかぶせて絞るのがいいそうです。
2.豆乳をこなべに入れ、かき混ぜながら弱火に変える。沸騰するとダメ。湯葉ができないように。60度以上になったらレモン果汁を入れる。温度計があると便利ですね。
3.果汁を入れてかき混ぜるとトロトロした状態になる。弱火にして10秒程度かき混ぜ、火を止めたらコンロからおろす。
4.消毒用アルコールを入れてかき混ぜる。
5.ボウルにザルをおき、清潔な綿のタオルやさらしを敷き、さらにキッチンペーパーを2枚敷いて漉す。
6.石鹸で洗った清潔な手でしっかり搾り出す。
7.ホウ酸をいれてかき混ぜる。

 

 

ホウ酸を入れると冷蔵庫で1ヶ月もつということです。

 

使用に際してはパッチテストをしたほうがいいと思います。

 

 

どんな脱毛クリームがあるの⇒こちら

 

 

脱色剤などを使用して色素を薄くする方法 

 

脱色剤などを使用して、黒色の毛を一時的に目立たなくする方法ですが、とても簡単にできます。当然ですが毛の長さは変わりありません。

 

 

脱色剤の主な成分は過酸化水素でこれに油分や界面活性剤、漂白促進剤を含んでいます。特に過酸化水素は酸化剤であり、皮膚粘膜に対する刺激・腐食性があるといわれていますから、常時使い続けることは肌表面に有害になる場合がありますので、あまりお勧めできません。

 

どんな脱色剤があるの⇒こちら

 

 

抑毛剤は毛が生える力を弱める方法  

 

抑毛剤といわれるものの主成分は、エフロニチンという成分ですがですが、本来の睡眠病の治療に使用されていましたが、偶然、体毛の成長を抑制するということが発見されて使用されるようになりました。

 

エフロニチン自体は大変効果的な薬剤であり、処方薬として医師から処方箋を出してもらい、薬剤師のいる薬局で購入する種類の"医薬品"になっています。

 

 

簡単に抑毛剤を使用するのは、大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをして、毛が生えるのを抑制することがわかって、大豆イソフラボンを使用することで、エストロゲンによく似た作用が備わっているため、直接毛穴から大豆イソフラボンを取り入れることで毛を薄くする効果が期待できます。

 

 

ただ、この方法は即効性がなくて、効果が現れるまでには数週間〜数ヶ月間かかります。個人差も大きく人によっては全く効果が現れないこともあります。

 

 

 

豆乳ローションによる抑毛

 

豆乳ローションの効き目としてあげられるのは抑毛ですが、脇の黒ずみなどにも効果が期待できます。また豆乳ローションは手作りもできますが、その使い方には注意が必要です。 豆乳ローションを手作りしてみました。

 

 

豆乳ローションは、女性にとって欠かせない『ムダ毛処理』の方法の1つとして、最近注目を浴びています。ムダ毛を自己処理している人は多いですが、肌荒れなどのトラブルは避けられません。

 

 

豆乳ローションは、『ムダ毛を抑制する』『ムダ毛を薄くする』ことが出来るローションなのです。

 

 

豆乳が美容に良いと言う話は、みなさんご存じだと思います。なぜ豆乳が美容に良いのかと言うと、それは豆乳に含まれるイソフラボンが脱毛効果や抑毛効果があるのは『大豆イソフラボン』によるものです。

 

 

大豆イソフラボンは体内で女性ホルモンである『エストロゲン』と同じような働きをしてくれます。

 

 

女性ホルモンが多くなれば、その分男性ホルモンの分泌が少なくなります。つまり、大豆イソフラボンの含まれた豆乳ローションを使うことで、『男性ホルモンの影響を弱める』ことが出来るのです。

 

 

つまり、男性ホルモンが原因でムダ毛になっている部分については、抑毛効果が期待できるということなんですね。豆乳ローションの最大の効き目は、『ムダ毛を抑制する』ということだと思います。

 

 

しかし、それ以外にも

 

@ 美肌効果

 

A 体臭予防

 

B バストアップ

 

などの効果が期待できます。

 

 

女性にとって嬉しいことばかりですね。しかし、豆乳ローションには『脱毛効果』はありません。

 

 

使い続けることで、少しずつ『毛を目立たなくする』『毛を薄くする』ことが出来ます。感じ方には個人差がありますが、比較的効果を感じやすいと言われています。

 

 

豆乳ローションは産毛のような薄い毛に抜群の効果を発揮します。

 

 

顔回りや二の腕などの産毛は、自分では意外と気になるものです。産毛に豆乳ローションを使うと、みるみるうちに産毛が目立たなくなっていきますよ!

 

 

ムダ毛抑制効果だけでなく、美肌効果やバストアップ効果もありますから、全身にくまなく使いたいものですね。

 

 

豆乳ローションは、普段のスキンケアと同じように、お風呂上がりの清潔なお肌に使いましょう。お風呂上がりは温められて毛穴が開いているので、豆乳ローションの成分が毛穴の奥まで浸透しやすくなります。

 

気になる『抑毛効果』についてですが、使う場所にもよるようです。やはり濃い毛には効果は薄く、産毛のような毛には効果が高いようです。

 

 

口コミで人気の高い豆乳ローションは、『パイナップル豆乳ローション』です。抑毛効果だけでなく、美白などの美肌効果も得られるという点が人気のようです。

 

 

 

豚の焼肉などを注文しますと、パイナップルがついていることがありますが、実はパイナップルはたんぱく質を溶かす効果があるということですから、豆乳とパイナップルが入ってれば、その効果は大きくなることが考えられます。

 

 

抑毛ローションにはどんなものがあるの⇒こちら

 

 

1.かなり効果ありですよ!私の場合2週間位で効果があらわれましたよ!個人差はもちろんあると思いますが・・。これからの時期、気温が暖かくなるので気軽につかえますが、冬は使うのが寒くてなかなか辛いものがありました・・。

 

2.逆に白くなったと思いますよ。私は「ゆほびか」という雑誌を見て作り始めました。この雑誌には豆乳ローションのことが結構書かれているので一度読んでみては?

 

3.手作りするものなのでかなりコストはかからないと思いますよ!

 

4.体中に使えるものなので大丈夫ですよ☆

 

私の感想なので他の方はわかりませんが、においが結構苦手です。効く!と思って使うので気にしないようにしていますが・・・。でもすぐ消えますよ!

 

 

どんな抑毛剤があるの⇒こちら

 

 

脱毛石鹸による脱毛

 

「脱毛石鹸」はまだまだ認知度が低い脱毛方法ですが、まだ完全にその効果が認知されたわけではありませんので、何とも言えませんが、その脱毛原理は、自然界に存在する原料としているために、安全性については特に問題はないかと思われます。

 

脱毛石鹸による効果

 

■体毛が濃いなど、そういったお悩みを持っている方

 

■お得に全身脱毛をしたいという方

 

■日々のお手入れが面倒で仕方がないという方

 

■仕事などが忙しく脱毛サロンに行く時間がない方

 

■あまり費用もかけたくない方

 

■カミソリを使ってしまうと肌が痛み、ガサガサに荒れてしまうという方

 

 

 

脱毛に関してお悩みがある方にこちらの脱毛石鹸は脱毛専門サロンの為に作られた石鹸であり、レーザー脱毛より除毛効果があるともいわれています。

 

 

植物由来の凝縮特殊成分が、肌を傷めず毛根に直接染み込み発毛細胞を攻撃いたします。

 

 

有効成分のラレアディバリカタ葉エキス、ビルベリーエキス、カッコンエキス、パパイン、豆乳発酵液の自然由来凝縮液を調合し余分な成分は一切含まれない純粋な石鹸になります。

 

 

レーザー脱毛を超えた究極の永久脱毛石鹸になるかもしれませんね。

 

 

どんな脱毛石鹸があるの⇒こちら

 

 

脱毛石鹸の成分はどのようなものでできているのでしょうか。

 

 

■豆乳発酵液(イソフラボン)
なぜ大豆に含まれるイソフラボンが脱毛効果や抑毛効果があるかと言えば、『男性ホルモンが多い人は体毛が濃く、女性ホルモンが多い人は体毛が薄い』ということは、男性と女性を比較してみれば明らかで、体毛が多い、少ないはホルモンによる作用なのです。

 

体毛が薄い人は「エストロゲン」という「女性ホルモン」が関係しているのです。

 

そして、豆乳発酵液(イソフラボン)はエストロゲンと同じような作用をするといわれ、このイソフラボンの入った石鹸を
つかえば、抑毛効果があるということなのですね。

 

■ラレアディバリカタ葉エキス

 

ラレアディバリカタ葉エキスは、 キャピスローという樫(カシ)の一種から抽出されたもので、最近脱毛関連の商品に使われるようになってきました。

 

期待の新成分とも言われています。 ラレアディバリカタ葉エキスは、ムダ毛の発育、成長を遅らせる効果があると言われています。

 

また、保湿効果を併せ持つことで、脱毛処理後にも肌をなめらかに保つ効果もあると言われています。

 

■ブロメライン

 

”ブロメライン”とは、パイナップルの果実から取ることのできる自然の酵素で『たんぱく質分解酵素』と言われています。たんぱく質を分解するということは、ムダ毛も当然たんぱく質でできていますから、効果があるということですね。

 

 

髪の毛の栄養はたんぱく質です。この”ブロメライン”を肌に擦り込むことで毛の栄養であるたんぱく質を毛乳頭に届かなくさせるよう働きかけ、毛の生成を抑制するんです。

 

 

脱毛石鹸ランキング

 

第1位 K-OUT(ケーアウト)
第2位 ヴィーナスエピレ

第3位 エピルンボタニカルソープ
第4位 メルソエル
第5位 デリケートハーバルEPイレーサー
第6位 シャイニーエピソープ
第7位 Girls Pink(ガールズピンク)

 

 

この脱毛石鹸による脱毛が効果があるとすれば、ほかのどの自己処理脱毛と比べて優れているといえますが、ただ、この石鹸の効果がいつまで続くかといえば、永久脱毛ではありませんので、石鹸の使用をやめれば効果もなくなってしまうということになります。

 

 

そのような、脱毛石鹸の中で、『K-OUT』という石鹸は、『毛根を毛母細胞から破壊する』ことに効果があるとした脱毛石鹸なので、毛母細胞を破壊していき完全脱毛ができるともいわれています。

 

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。